×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金の悩み 相談 無料

 

お金の悩み相談

  1. ローンと借金の話し
  2. 独身時代の浪費がたたってしまって、家計が破綻しそう。
  3. 貯金と借金のバランス
  4. 借金も良し悪し
  5. 債務整理の必要性とその意義について

 

ローンと借金の話し

借金というと悪いイメージもありますが、カードローンというとスッキリとしたイメージになります。
お買い物はカード決済というと、それだけでスマートですが、一時的でも借金をしている行為になります。
それがリボ払いだったり、5回なんていうと、利息もしっかり取られています。

 

案外とそんな事は気にせずに、良い買い物ができたからいいか、と思う方も少なくありません。
住宅ローン、カードローンなども、大きな金額の借金ですが、長期に払うことで、あまり気にしない方も多く、中には買わなくてはならないと思っている方もいます。

 

特にカーローンに関しては、そろそろローンが終わるから、車も変えようという方もいます。
えっ?と思うかもしれませんが、走行距離数が少ないほうが高く売れて、また新しい気に入った新車を購入することができるのですから、車好きにはたまらない方法です。

 

最近はスマートフォンです。
新機種が出ると、すぐに新しいものに変える方も多いですが、これも24回払いのローンを組むことが多いです。

 

多分今の自分の出費を確認すると、ローンなしで生活をしている方の方が少ないかもしれません。
ローンを借金と表現してしまうと、それは違うというイメージになりますが、ローンも借金です。
ローンは後払いのことを言いますが、払えているときにはあまり気にならないのですが、一度躓くと大変なことになります。
いやいや、借金ではないから、お金を借りているわけではないからというのは甘いです。
消費者金融でお金を借りるのも各種ローンも全く同じです。

 

必ず返済の見込みがあるものについてだけの利用がポイントです。
仕事をしているから大丈夫、給料の範囲内でやっていると言っても、その会社が倒産をしたら?リストラにあったら?なんていうことも考えての行動も必要かもしれません。
決してオーバーなことではなく、もし数ヶ月無給になったとしても、大丈夫な程度の貯蓄は持っておいた方が良いといわれています。
そして、その時のローン返済が足かせにならない程度に抑えておくことが賢明な生き方です。

 

▲メニューに戻る

独身時代の浪費がたたってしまって、家計が破綻しそう。

主婦の債務整理などが増えています。
ショッピング枠で使ったお金の返済ができずに、にっちもさっちもいかない状態で、弁護士に駆け込んでくる方もいます。
独身のときには、自分の給料がすべて好きに使えたのですが、結婚と同時に自由にお金を使えなくなってしまう。
それでついカードで買い物を続けて、気がついたら返済額が大変なことになっているというものです。
専業主婦の利用限度額は少ないのですが、独身のときからの継続したカードであれば、利用額は高いままです。
しかし、返済は、自分のお金ではなく、生活費の中から出していくうちに払えなくなってしまうという結果に。
結婚後、このパターンの借金で悩んでいる方も多いのです。

 

主婦の債務整理のときには、旦那に知られるのが怖い、家族に言っていないからどうしようという場合も少なくありません。
内緒での債務整理は可能です。
しかし、それで問題解決といかない場合もあるようです。

 

主婦だからというのではなく、財布を一緒にしている相手が勝手に借金を作っているという事実を隠しておいて良いのか?という問題です。
債務整理を行う弁護士にとっては、そこまでの追及はないとしても、妻の債務整理や夫の借金が原因で離婚の至るパターンも少なくありません。

 

債務整理とは別の問題にも発展してしまうことですが、これは大切なことです。
独身と結婚は自分の立場が変わるだけではなく、お金の使い方についてもきちんと話し合をすることです。
将来の住宅ローン、老後のお金など収入に見合う生活をしていくことが必要で、ここで価値観の違いがあることで、致命的な衝突も考えられます。

 

このような使い方をしようと同意する以外の内緒のカードローンはとても危険です。
これがへそくりなら罪のないものですが、内緒の借金は返済できないことを考えると、離婚の原因を作っているようなものですから、しないことをお勧めします。

 

▲メニューに戻る

貯金と借金のバランス

お金の悩みについては、最近良く耳にするファイナンシャルプランナーの存在が大きいでしょう。
All About編集部のマネープランクリニックなどでは、様々なお金の悩みに実例を元にすっきり回答をしていますが、貯蓄のこと、老後のこと、住宅ローンのことのお金の悩みに対して第三者的な観点から、理想的なマネープランの提案があります。

 

日本人の平均貯蓄高が700万円ほどと言われていますが、これを見て嘘でしょ?という方も多いですが、実はそうでもないのです。
その一つが生命保険です。
貯蓄型の生命保険の場合、満期になったら下りるとされるものも貯蓄に入ります。
80歳になったら1000万円とか、60歳から10万円ずつと言うような保険も700万円の平均値を作っていると言います。
収入に応じて、健康を案じながらの生命保険ですが、銀行の残高は少ないものの、しっかりと貯めている方も多いのが現状です。

 

各種ローンを抱えながらも、それは必要なものと抑え、家計とコントロールしつつ、もっと何かを節約しなきゃと思っている方はとても多いです。
テレビなどでも、家計診断などを見ていると、様々な提案があります。

 

独身のときには自由に使えたお金でも、結婚して子供ができると、かかるお金の単位は大きく変わってきます。
そこで、ときには借金を抱える家庭も多いですが、返済していくだけの余力があれば、その借金も生活の不可欠なものと言えるでしょう。
返済できるだけの借金を抱えることも時には必要な手段。
一生困らないだけの貯蓄があるマネープランができるのがベストですが、実は現在貯蓄ゼロ、働けなくなったらどうしようと不安な方も多い中、なんとか生きていることさえできれば満足と思っている方も少なくありません。

▲メニューに戻る

借金も良し悪し

お金の悩みは千差万別です。
今月は使いすぎて2万円しか積立ができなかった方もいれば、使いすぎて消費者金融から2万円キャッシングした方もいます。
すごい大差なのですが、生活ぶりを見ると大した変わらない場合も多いです。

 

現在は簡単にカードローンを持てる時代になりました。
収入が安定していて、返済能力があれば、数十万円のお金の借金は楽にできます。
返済にしても、1万円と利息を加えることで、毎月無理なくできます。
また、毎月のようにカードでショッピングを楽しむ方も多いでしょう。
カードでお買い物をするとポイントやマイルも貯まるので、その特典ほしさに利用している方も少なくありません。
計画的なカードローンとの付き合い方ができれば問題もありませんし、家計に響くこともありません。
消費者金融や銀行カードローンにしてみても、そうした方の利用が理想です。
順調に返済をしてくれることで儲けにつながります。

 

借金を儲けにしているこれらの会社にとってみれば、いくらでも借金をしてくれたら良いと思っています。
もちろんルールに則ってのことですが、使う方としても、借金によって生活が“潤う”のであれば、損な嬉しいことはありません。

 

ギリギリの生活の中で、借金生活をしている方も多いでしょう。
しかし、期間が決まっていれば、例えばカーローンや住宅ローンの計画的な支払いであれば、完済することで、元の生活に戻り、車や家が自分のものになるのですから、借金の存在は大きいということになります。

 

▲メニューに戻る

債務整理の必要性とその意義について

債務整理という言葉は一般的になりつつありますが、1つの解釈としては人間らしい生活を取り戻すといえます。
借金のきっかけは様々ですが、ギャンブル依存症や買い物依存症、家計が苦しくて生活費のため、住宅ローンそのものも一つの借金の形です。
これらの返済ができなくなった時に、債務整理を行う事になります。

 

人間らしい生活ということは、一応債務整理を行うと数年間カードローンなどの利用ができなくなります。
ペナルティですが、借金をしないで自分の力で暮らしていこうというエールです。
その再出発として債務整理で、今までの借金を軽くするものと言えます。
債務整理をする方の中には、生活保護制度を利用しなくては生きていけない方もいますが、これも人間らしい生き方の手助けの一つです。

 

成人であれば借金をしてはいけないという法律はありませんが、返済をしなくてはならないというルールは存在します。
借りるときにはそれができても、返済の時できなくなったときには、債務整理というルールにしたがって、借金問題を解決することです。

 

法律では、そのような方を支援するための債務整理を定めています。
しかし、現実には、借金に苦しみ、逃げてばかりの方も多かったり、法律の手が届かないヤミ金などに手を出すこともあります。
できれば、そのようなことをせず、借金返済ができないとしても、人間らしい生活ができる債務整理をしてほしいと切に願うところです。

 

その借金がギャンブルであろうと、自分勝手な使い方をしたとしても、債務整理で深く反省を促し、自分の収入の範囲内でのつましい暮らしをしていく中で、お金の使い方が間違っていたと気がついてくれることが大切なことです。

 

▲メニューに戻る